-伝統野菜 江戸東京野菜を広めよう-
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 【内藤唐辛子】生育状況(7月15日) | main | 【販売】寺島ナスと内藤トウガラシを販売しました!!(&次回の販売の詳細) >>
【大蔵大根】 どうして大根の種が赤いの!?

7月14日に種を取り出した大蔵大根(7月14日の記事はこちら→ですが、
乾燥させる前の熟した果実(6月21日のもの)は写真左のような感じで、
そのとき取り出してみた種が写真右です。

拡大すると↓

種は大蔵も練馬も似ていたのですが、どちらも赤っぽい色で楕円形で
大きさはだいたい2〜3mmくらいあり けっこう大きいですo(^-^)o
厚みも1〜1.5mmくらいあります。

乾燥させた後もこんな感じでした!
乾燥させると薄い皮が剥けやすくなって、赤い皮が剥がれると中はクリーム色でした!

でも大根は白いし、葉も緑なのに どうして種の薄皮(?)は赤くなるんでしょうか?

未熟な種子はまだ色が白いです・・・うーん
どこに赤色の色素を隠し持っていたのでしょうか??
不思議ですσ( ̄^ ̄)


【ランキング参加中】
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へにほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜農家へ
記事を読んだら↑をぽちっとしてくれるとうれしいです(^O^)

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://edoyasai.jugem.jp/trackback/75
TRACKBACK