-伝統野菜 江戸東京野菜を広めよう-
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 【砂村三寸人参】種の採種 | main | 新聞の取材をしていただきました。 >>
一本の「渡辺早生牛蒡」がとう立ち(>_<)

こんばんは。ご無沙汰してます
忙しい夏休みも明け、さらに忙しい新学期が始まりました。

夏休み中も何度も学校へ行き、活動をしていました。
こまめに報告ができずすみません。
授業も始まり、夏休み以上に忙しくなりましたが、ブログもメンバーで分担をして更新をしていきたいと思います。
今後も応援よろしくお願いいたします。


本題です。

先日、育種者の方に、ごぼうは「種をまいた翌翌年(3年め)にとうが立ち(花茎が伸び出しこの先に蕾が付く)、採種できる」と教えていただきました。
ところが、今年の春に播種(種まき)した一本から とうが立ってきました

写真の、赤い丸で囲ってあるのがとう立ちしてしまった渡辺早生ごぼうです。


残念ながらこの個体は食べても美味しくないので、抜き取ったあと処分することになります

私たちはとう立ちしにくい上に良質な個体を選抜し採種していきたいと思っています。


【ランキング参加中】
にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へにほんブログ村 花ブログ 果樹・野菜農家へ
記事を読んだら↑をぽちっとしてくれるとうれしいです(^O^)

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://edoyasai.jugem.jp/trackback/82
TRACKBACK